東京から通える乗馬クラブ徹底ガイド
   

東京から通いやすい乗馬クラブ案内

 
 
乗馬クラブのイメージ

東関東ホースパーク

東関東ホースパークは、千葉県八街市に本拠を構える乗馬クラブです。最寄り駅はJR大網駅、送迎サービスも実施されています。

※2014年12月調査時点でサービスは終了しておりました。こちら最新の情報ではない可能性がございますので、ご了承ください。

ビジター向けコースも充実、5級取得も可能

このクラブは、馬術競技に力を入れているのが特徴ですが、初心者にとって敷居が高いということはありません。ビジター向けの体験乗馬や乗馬レッスンといったコースメニューを各種用意しています。また、規定の乗馬レッスンを受けた後に、追加費用を支払うことで5級ライセンスの取得も可能です。具体的なコースメニューと料金は以下の通りです。

■体験乗馬(1回20分程度)
1回コース:5,250円
2回コース:9,450円

■乗馬レッスン(1鞍30分)
4回コース(平日):16,800円
4回コース(土日祝):18,900円
8回コース(平日):30,240円
8回コース(土日祝):34,020円
☆12回コース(平日):42,840円
☆12回コース(土日祝):48,180円
☆16回コース(平日):53,760円
☆16回コース(土日祝):60,480円

☆マークのレッスン終了後、テキスト代315円と検定料8,400円を支払うことで、5級ライセンスの審査を受けることができます。
※上記料金には馬具レンタル費が含まれています。

初心者でも安心の乗馬クラブを比較しています

会員プランと入会費

同クラブは競技会に力を入れているだけあって、団体会員向けの入会プランなども幅広く用意されています。個人正会員の場合は、入会金262,500円、月会費12,600円、騎乗料が1鞍45分で2,100円となっています。団体会員になると1人あたりの料金が割安になるメリットがあります。その他にも18歳以下の「ジュニア会員」や60歳以上の「シニア会員」などが用意されています。

馬術競技にも対応する施設を完備

同クラブの敷地はのべ面積33,000平方メートル。6面の馬場とクロスカントリー用コースを有し、ウォーキングマシン6頭分を完備。さらには馬房も大型25戸、中型6戸を備えるなど、関東でも有数の設備を完備しています。

同クラブの大きな特徴に、馬術競技の参加に力を入れていることが挙げられます。先にご紹介した充実の設備は、自らも競技会場として馬術競技の開催にも対応するためのものだそうです。競技会の開催時に外部の乗馬クラブから来場する馬を受け入れるため、仮設厩舎も120頭分を常時確保してあるそうです。

クラブとしても競技会に頻繁に参加しており、国内のみならず海外への遠征まで行うという本格派です。また大学の馬術部の合宿なども受け入れているそうです。

ページの先頭へ
東京近郊のおすすめ乗馬クラブ3選
オリンピッククラブ
馬と共に広大な土地を駆け抜けたいなら

サッカーコート約3面分の敷地を馬と一体になって走れる乗馬クラブ。

公式HP

東京乗馬倶楽部
23くないで乗馬を楽しみたいなら

創設から100年を超える(2024年時点)、23区で唯一の乗馬クラブ。

公式HP

乗馬俱楽部銀座
気軽に気楽に乗馬体験したいなら

2019年に開業した、シミュレーターで練習する乗馬クラブ。

公式HP